タクシーの運転

これまでのタクシー業界の採用形態の歴史

タクシー業界は、運転免許が生かせて高収入が実現可能なので、従来から転職希望者が多いのが特徴的である。特に景気に左右されずに一定の採用数があるので、中高年が新たに仕事を探すときに人気の職種であろう。しかしタクシー会社の雇用形態も、従来の月間12日勤務に加えて、様々な勤務形態が登場したのが最近の動向である。そのために日勤限定で働いたり、パート勤務で働きたいと考える応募者も増加中である。そして最近ではウェブサイトでドライバーの募集も行っているので、中高年だけではなくて20代の人たちも意欲的に応募しているのが特徴的である。そしてタクシー業界では、業界全体のイメージアップを考えており、募集広告でも福利厚生の充実をアピールしているのが近年の動向であろう。

5年後の業界の求人の動向予測

2020年には国内でオリンピックが開かれるために、タクシー業界も観光や国際化に対応することが大きな課題である。そのために5年後を視野に入れて、有能な人材を募集するために様々な取り組みが行われるであろう。特に優秀な人材を採用するために、今後は大学の新卒者もさらに積極的に募集するであろう。また英会話のスキルなど、経験と能力に合わせた給与体系も導入されるであろう。そしてIT化の進展は今後も業界に大きなインパクトを与えるために、乗務員以外にも多様な人材が求められるであろう。特にスマートフォンを活用した予約システムや配車システムの導入も予測されるので、システムエンジニアなどの経験者の積極的な採用も増えるであろう。